【東東京】紅葉川、起死回生の全員バスター作戦!4回まで無安打からの5回一気5点

[ 2019年7月16日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 東東京大会3回戦   都紅葉川7ー0日大一 ( 2019年7月15日    神宮 )

5回裏、バスターで決勝打となる先制タイムリーを放った紅葉川・菅澤
Photo By スポニチ

 都立のシード校は苦しんでいた。都紅葉川打線は、左腕・岩瀬の角度あるボールに4回まで無安打。4回の3者連続を含め、6三振を奪われていた。田河清司監督も「これはまずい」と戦況を見つめた。

 そんな重苦しい流れをナインが変えた。0―0の5回の攻撃前だ。攻略への“答え”を出したのは選手たち自身だった。「バスターでいきましょう」。まずはタイミングを合わせようとする選手たちの提案に、指揮官も迷わずゴーサインを出した。「日頃から“打てないときはどうする?”と問いかけてきた」。体に染みついた「考える習慣」が大事な場面で生きた。

  1死から6番・和田がチーム初安打となる右中間二塁打を放つと、7番・菅沢も中越え二塁打で続いた。これで均衡を破ると、8番・砂川も中越え適時三塁打。この回は打者9人攻撃で、全員がバスター打法を徹底し、4安打を集中して一挙5点をもぎ取った。

 先制打が決勝打となった菅沢は「バスターでも強く大きい打球は打てる。監督とイメージが一致していた」と信頼関係に胸を張った。春夏合わせて10度、4年連続甲子園出場の経験もある伝統校を退けた。今夏限りで勇退する指揮官と一緒に、過去最高となる10年の8強超えを目指す。 (古澤 航)

 《使い手、ロッテ細川「目線ぶれずタイミング取れる」》プロ野球界でバスター打法の使い手として知られるロッテ・細川は、都紅葉川ナインの話題に「自分はタイミングを取るのが下手だった。目線がぶれないようにするために、天秤(てんびん)打法をヒントに取り入れました」と振り返った。大洋(現DeNA)で活躍した近藤和彦が左手をバットの真ん中にそえ、頭上に寝かせて構えた「天秤打法」を変化させた構えが原点だった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月16日のニュース