西武・栗山が史上45人目の通算350二塁打「まだまだ通過点。頑張ります」

[ 2020年7月26日 18:51 ]

パ・リーグ   西武―ロッテ ( 2020年7月26日    メットライフD )

<西・ロ>2回1死一、二塁、先制の適時二塁打を放った栗山は通算350二塁打を達成(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・栗山がプロ野球史上45人目の通算350二塁打を達成した。

 0―0で迎えた2回1死一、二塁。ロッテ・中村稔の143キロ直球を打ち返すと、栗山らしい低いライナーが右中間へと飛んだ。

 先制の走者を迎え入れる適時二塁打。二塁ベース上で記録達成のボードを手にし、スタンドからの拍手に応えた栗山は球団を通じて「(350二塁打は)まだまだ通過点だと思う。もっともっと二塁打を打っていけるように頑張ります」とコメントした。

 一度は逆転されて迎えた6回には、中村の二塁打で同点とした直後に1死二塁で左中間二塁打。351本目の二塁打でチームに再び勝ち越し点をもたらした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース