ロッテ・中村奨 打球“顔面ブロック”でイレギュラーバウンド防いだ

[ 2020年7月26日 18:52 ]

パ・リーグ   ロッテ―西武 ( 2020年7月26日    メットライフD )

 ロッテの中村奨が“顔面ブロック”でイレギュラーバウンドを防いだ。

 2回無死一塁。外崎の打球は二塁正面へ転がり、4―6―3の併殺かと思われた。ところが、捕球直前で打球は大きく弾み、二塁手・中村奨の右頬付近を直撃。ボールは、ちょうど二塁ベースのカバ―に入った遊撃手・茶谷の足下へ転がり、二塁アウトとなった。

 反射的に顔が避けてしまいそうなシーンで、併殺はならなかったが体を張った中村奨のファインプレーだった。しかし、先発・中村稔は続く中村に四球を与え、栗山に適時二塁打を浴び、先制点を許した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース