西武 今季3度目の零敗…辻監督 8回守備悔やむ「俺が失敗した」

[ 2020年7月26日 05:30 ]

パ・リーグ   西武0―5ロッテ ( 2020年7月25日    メットライフD )

<西・ロ>ロッテに敗れ、険しい表情で引き揚げる辻監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武の辻監督が8回の守備を悔やんだ。0―1で迎えた1死一、三塁の場面で、岡のゴロは定位置で守っていた遊撃・源田の前へ。源田は前進してボールを処理。併殺狙いではなく本塁へと投げたが、これが野選となって2点目を奪われた。

 辻監督は「俺が失敗した。もっと早めに前進守備を指示すれば良かった」。この場面でバッテリーは打者の内角を厳しく攻めており、詰まった打球になる可能性が高かった。ここから計4失点。打線も種市に封じられ、今季3度目の零敗を喫した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース