DeNA・佐野 連夜のV撃!「4番兼主将」前任・筒香の本塁打に刺激「本当に凄いな」

[ 2020年7月26日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA6―2広島 ( 2020年7月25日    横浜 )

<D・広>初回、先制適時二塁打を放つ佐野(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 DeNAの佐野が3戦連続決勝打をマークした。初回1死一、二塁から左中間フェンス直撃の適時二塁打。逆転サヨナラ満塁弾の偉業から一夜明けても快音を響かせ、「カットボールを崩されることなく捉えることができました」と胸を張った。

 「4番兼主将」の前任者である筒香の本塁打には「メジャーの舞台で本塁打。本当に凄いなという、それだけです」と感嘆の声。自身もここまで全試合で4番に座り、チームの連敗中にはミーティングで先頭に立って声を掛けるなどけん引している。「昨年まで一緒に野球をやって本当にいろんなことを教わったので、僕もまだまだ、もっともっと頑張っていきたいと思います」と大いに刺激を受けた様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース