東海大相模―横浜の練習試合 雨天中止で11球団スカウト空振り

[ 2020年7月26日 16:48 ]

 神奈川県内で26日に実施が予定されていた東海大相模―横浜の練習試合が雨天のため中止となった。

 4月から横浜を指揮する村田浩明監督が東海大相模の門馬敬治監督に連絡し、対戦が決まっていた。8月1日から始まる神奈川の代替大会ではお互いに勝ち上がれば準決勝での対戦となる。

 村田監督は「雨には勝てない。仕方ない。選手は対戦を心待ちにしていた」。門馬監督は「単なるオープン戦とは思っていない。やはり球場で横浜のユニホームを見ると、気持ちが高ぶるものがありますね」と語った。

 東海大相模には山村崇嘉内野手、主砲・西川僚祐外野手、横浜の左腕・松本隆之介や右腕・木下幹也、度会隆輝内野手とドラフト候補の対決が予想され、西武・渡辺久信GM、日本ハム・吉村浩GM、ヤクルト・小川淳司GM、DeNA・三原一晃球団代表と球団幹部をはじめ11球団のスカウトが大集結。試合開始を待ち続けたが、強まる一方の雨空をうらめしそうに見上げた。西武・渡辺GMは「決勝みたいなカード。残念だが、こればかりは仕方ない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース