常総学院 OBの島田直也投手コーチが監督昇格へ

[ 2020年7月26日 08:49 ]

島田直也氏
Photo By スポニチ

 常総学院(茨城)の新監督に、OBで元日本ハム、大洋などでプレーした島田直也投手コーチ(50)が昇格する見通しとなったことが26日までに分かった。

 佐々木力監督(54)は退任するが、今後も野球部に携わっていく方向だという。

 島田氏は常総学院のエースとして87年夏の甲子園準優勝。同年ドラフト外で日本ハムに入団し、プロ通算14年間で419試合に登板し、39勝を挙げた。03年限りで現役を引退後は日本ハムの打撃投手、DeNAの2軍投手コーチなどを歴任。今年3月から母校の投手コーチを務めている。

 常総学院は今夏茨城代替大会に出場し、24日の3回戦で多賀に敗れていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース