都千早、感謝の単独出場 エース・高橋、5回コールド負けも志願完投「最後までやりきりたかった」

[ 2020年7月26日 05:30 ]

東東京代替大会 1回戦   都千早0―25錦城学園 ( 2020年7月25日 )

<都千早・錦城学園>大量失点も5回を投げ抜いた都千早のエース・高橋(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 都千早(東東京)はエース高橋絢と主将・藤野大地の3年生2人が最初で最後の単独出場を果たした。

 高橋は雨で2度中断して足元がぬかるむ中、志願の完投。0―25の5回コールドで錦城学園に敗れたが「単独で出られて凄くうれしかった」と笑顔。「代わるかと言われたが最後までやりきりたかった。試合をさせてくれた先生や仲間に感謝したい」とすがすがしかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース