巨人・坂本 6・20開幕2戦目以来の猛打賞 通算1000得点も記録

[ 2020年7月26日 20:14 ]

セ・リーグ   巨人ーヤクルト ( 2020年7月26日    神宮 )

<ヤ・巨>4回1死二塁、坂本は2ランを放ち、ナインの出迎えを受ける(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本勇人内野手(31)が26日のヤクルト戦で開幕2戦目の6月20日阪神戦以来となる3安打を記録した。

 6回、1番・亀井のソロで9ー2と突き放した直後の無死走者なし、坂本はヤクルト3番手・星の4球目を右前へはじき返した。

 初回に内野安打で出塁し、史上43人目となる通算1000得点を記録した坂本。4回には4号2ランを放ち、この安打で開幕2戦目以来となる猛打賞となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース