“2メートル右腕”二松学舎大付・秋広、二刀流さく裂!視察ソフトBスカウト驚き「バンデンより大きい」

[ 2020年7月26日 05:30 ]

東東京代替大会1回戦   二松学舎大付10―2都文京 ( 2020年7月25日    大田 )

<二松学舎大付・都文京>審判員(右)と並んだ2㍍の二松学舎大付・秋広(撮影:柳内遼平)
Photo By スポニチ

 マウンドにそびえ立つ2メートル右腕。二松学舎大付(東東京)の秋広優人投手(3年)の大きさに、視察したソフトバンク・荒金久雄スカウトは驚きを隠せなかった。

 「うちのバンデンハーク(1メートル98)より大きいね。あの体は魅力ですよ」

 二刀流は「4番・投手」で出場。最速143キロを誇る直球は139キロ止まりも、コーナーに投げ分けて5回を1失点に抑えた。先発の役目を果たし、6回から一塁を守った。高校通算22本塁打を誇る。5回1死一、三塁の好機では人生初の申告敬遠を受けたが、6回2死二塁では左中間へ適時二塁打。10―2の7回コールド勝ちに投打で貢献し、「優勝して、(市原勝人)監督を東京一の男にしたい」と意気込んだ。

 小6の時点で1メートル80もあった。「デカいだけ」と言われることが嫌いだった。5回に一塁へのグラブトスで魅せた華麗なフィールディング、盗塁を許さない素早いけん制。細かいプレーに「デカいだけじゃないぞ」と思いを込める。

 恵まれた体格は自宅のシャワーを立って浴びられないという不便もあるが、秋広は胸を張って言う。

 「投球の角度、打撃のリーチに生かしています」。武器を遺憾なく発揮した試合だった。(柳内 遼平)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース