巨人・吉川尚 自身初の3戦連発!6号2ラン「とにかく、必死で行った」、チーム初回5得点

[ 2020年7月26日 18:26 ]

セ・リーグ   巨人ーヤクルト ( 2020年7月26日    神宮 )

<ヤ・巨>初回2死二塁、3試合連続となる本塁打を放つ吉川尚(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人の吉川尚輝内野手(25)が、26日のヤクルト戦で3試合連続となる6号2ランを放った。

 初回いきなり4連続安打などで3点のリードを奪うと、2死二塁で迎えた7番・吉川尚がヤクルト先発・高梨の初球を捉え、左スタンドへ。吉川はプロ4年目初となる3試合連続本塁打となった。自身通算10本目となる6号2ランで、チームは初回5得点とヤクルトを突き放した。

 ▼巨人・吉川尚 打ったのは真っすぐ。とにかく、必死で行った結果です。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース