ソフトバンク6点差まさか…7回悪夢 今季8度目逆転負け 工藤監督「また明日と割り切ってほしい」

[ 2020年7月26日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク7―9日本ハム ( 2020年7月25日    ペイペイD )

<ソ・日>7回2死一、三塁、中田に勝ち越し3ランを浴びる椎野(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 悔しさを抑えながら会見場に現れたソフトバンク・工藤監督の目は、潤んでいるようにも見えた。最大6点のリードを守れずに今季8度目の逆転負け。悪夢は3点リードの7回に待っていた。

 「すいません。高橋君はストライクを取るのに苦労していて、四球がもったいなかった。嘉弥真君は(対戦した西川に)打たれていないので何とかアウトを、と。椎野君は…。あそこが肝だったんで、フォークなど縦の変化に期待したが」

 2被弾された先発・石川の球威が落ちたと判断した指揮官は、2番手に高橋礼を投入するも誤算が続いた。安打と四球に失策も絡んで失点。2死二塁で西川に対してワンポイントで登板した嘉弥真は四球を許した。さらに椎野は杉谷にいきなり四球を与え、満塁から近藤の2点打で同点とされた。そして21打席無安打と不振だった4番・中田に3ランを浴び「先頭への四球は絶対してはいけない。2死から打者と勝負ができなかった。悔しい」と言葉を絞り出した。

 打線は24日の同戦で左足に自打球を受けたバレンティンが欠場して、18年8月16日の楽天戦以来のとなるオール日本人の純国産オーダーで臨んだ。栗原の満塁弾、今宮と柳田がともに3安打猛打賞で13安打7得点しただけに悔やまれる逆転負けだ。工藤監督は「結果はこういう結果。使っている監督が悪いと思って、よし、また明日と思って割り切ってほしい」と話し、「何とか取り返す!」と自分を鼓舞した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース