中日・石川昂 小学生以来の犠打 西勇からは2安打でリベンジ

[ 2020年7月26日 05:30 ]

セ・リーグ   中日1-0阪神 ( 2020年7月25日    ナゴヤD )

<中・神(8)> 7回無死一塁、石川昂は送りバントを決める(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 中日のドラフト1位・石川昂はプロ2度目の複数安打に加え、勝利につながるプロ初犠打も決めた。

 2回2死一塁から遊撃内野安打、5回は左前打を放ち、18日に4打数無安打に抑えられた西勇にリベンジ。「練習でやっていることが試合で少しずつ出せるようになってきて、それが結果につながっていると思います」。

 7回無死一塁では「記憶にありませんが小学生以来」という犠打で走者を進め、井領の決勝点をお膳立て。与田監督も「1軍で勝つためによくやってくれた」と労った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース