張本勲氏 “田沢ルール”に「くだらない規約が多い こういう規約は早く捨てた方がいい」

[ 2020年7月26日 10:52 ]

張本勲氏
Photo By スポニチ

 野球評論家の張本勲氏(80)が26日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)にリモート出演し、“田沢ルール”について言及した。

 田沢ルールとは、ドラフト指名を拒否して海外のプロ球団と契約した選手は退団後、一定期間、NPB球団と契約することはできないとするもの。プレーするにはドラフト指名される必要があるが、高卒選手は3年間、大学・社会人出身は2年間、指名を凍結される。08年12月に田沢純一投手がレッドソックスと契約したことを受け、12球団の申し合わせ事項として承認された。ドラフト漏れした後に海外に移籍した選手は対象外となる。

 張本氏は「くだらない規約が多いよ。直さなきゃいけない規約を直さないで、こういう規約は早く捨てた方がいいんですよ。日本プロ野球が混乱しますよ」などと持論を述べた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2020年7月26日のニュース