高陽東・間瀬場 持ち前の長打力アピールできず「力が入ってしまいました」

[ 2020年7月26日 05:30 ]

広島大会4回戦   高陽東9-3西条農 ( 2020年7月25日    しまなみ )

<高陽東・西条農>初回1死三塁から外角低めの変化球を拾って左犠飛を放つ高陽東の4番・間瀬場秋(3年)
Photo By スポニチ

 高校通算22本塁打を誇る左の強打者、高陽東の間瀬場秋(しゅう)内野手(3年)は1打点も無安打で、期待された長打力を披露することはできなかった。

 「力が入ってしまいました。打たなきゃいけないっていう……」

 3球団視察する中、最大の見せ場だった2―0の3回無死満塁、フルカウントから2球続けてきた外角に沈む変化球にバットが空を切った。長打への強い意識がスイングを大きくした。初回1死三塁では外角低めの変化球をうまく拾う左犠飛で先制点を呼んだが、以降は2三振で2四球だった。

 1メートル80、97キロの体格で1年秋の賀茂北戦で1試合3本塁打を放ち一躍、注目を集めた。ヤクルト・岡林洋一スカウトは「高校生の中では強く振る力を持っている。これから良くなる選手」と将来性を評価。地元広島の白武佳久スカウト部長も「大柄な割に動ける選手。外の変化球が多かったけど内角の速い球をどうさばくか見たかったね」と名残惜しそうに球場を後にした。

 「自分の長所は長打力。今日はちょっと」

 進路に関してはプロと進学の二者択一。夢であるプロという言葉を、はっきりと口にするには最後の夏に“大きな一発”が必要になる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース