ヤクルト 坂口の先頭打者弾などで初回から反撃

[ 2020年7月26日 18:48 ]

セ・リーグ   ヤクルトー巨人 ( 2020年7月26日    神宮 )

<ヤ・巨>初回無死、先頭打者本塁打を放つ坂口(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 初回に大量5点を先制されたヤクルトも、直後に反撃に出た。先頭・坂口が、巨人・桜井の初球、内角の直球を右翼席に運んだ。初球を叩く先頭打者弾の2号ソロに「初球からいける球は積極的にいこうと思って打席に入りました。良いスイングが出来ました。野球人生で初めてです」。その後も安打と2四球で満塁の好機をつくり、山崎の二ゴロの間に三塁走者が生還。2点を返し、2回以降に入っていった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース