ソフトバンク・栗原 2戦連発&プロ初の満塁弾も空砲

[ 2020年7月26日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク7―9日本ハム ( 2020年7月25日    ペイペイD )

<ソ・日>初回1死満塁、右越え満塁本塁打を放った栗原(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの栗原が初回1死満塁から通算7本塁打目で自身初のグランドスラムを放った。「先輩方がつくってくれた好機だったので、絶対に走者を還そうと打席に入った」と、甘い速球を低い弾道で右翼席へ運んだ。

 昨季は32試合で1本塁打だったが、今季は開幕から全32試合に出場して6本目をマーク。2戦連発に工藤監督も「いい形で相手にプレッシャーをかけられている」と評価していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース