阪神・梅野の適時打で8回に逆転

[ 2020年7月26日 17:04 ]

セ・リーグ   阪神―中日 ( 2020年7月26日    ナゴヤD )

<中・神>8回2死一、三塁、梅野は勝ち越しの左前適時打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神が試合をひっくり返した。2―3の8回。2死一、二塁から福留が左前適時打を放ち、同点に追いつくと、なおも2死一、三塁の好機でここまで2安打と当たっている梅野が中日・ゴンサレスの初球チェンジアップを左前に運び、終盤に執念の粘りを見せて勝ち越した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース