本職は遊撃手…福岡大大濠・宮本、公式戦2度目の先発で7回無失点「意気に感じた」

[ 2020年7月26日 05:30 ]

福岡代替大会 福岡地区2回戦   福岡大大濠8―0純真 ( 2020年7月25日 )

<福岡大大濠・純真>7回無失点の好投をみせた福岡大大濠・宮本
Photo By スポニチ

 本職は遊撃手。公式戦では2度目の先発だった福岡大大濠の宮本光志朗(3年)は「準備はしてた。意気に感じた」と発奮した。7回を投げ7安打を浴びながらも無失点。「言われたからには守備のリズムをつくって、1イニングを大切に投げよう」と要所を締めた。

 背番号は6。中学まで投手だったが、高校では内外野こなすマルチな野手として1年秋からベンチ入りし、2年春にレギュラーの座をつかんだ。そして最後の夏に向け、野手練習の合間に投球練習を積んだ。2点リードの5回には無死満塁のピンチを背負ったが、得意のチェンジアップを武器に、低めに丁寧に集めて無失点。「5回くらいまでと思っていた」という八木啓伸監督の期待を上回る7回を投げ、プロ注目の153キロ右腕・山下を温存することもできた。

 熊本市出身で中2の時、熊本地震で被災した。自宅は半壊し、車中泊も経験した。「災害のつらさ、怖さは分かる」。今年の九州豪雨で大きな被害を受けた地元・熊本に胸を痛める。だからこそ「自分が今できることは野球。集中して頑張る姿を見せたい」と強い思いを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース