阪神・ボーア 7試合ぶりの本塁打で1点差に迫る

[ 2020年7月26日 16:09 ]

セ・リーグ   阪神―中日 ( 2020年7月26日    ナゴヤD )

<中・神>6回2死、ボーアはレフトポール直撃のソロ本塁打を放つ(投手・梅津)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神・ボーアが豪快な一発を逆方向に放った。1―3の5回2死無走者から梅津の高め直球を完璧に捉え、左翼ポールを直撃する7試合ぶりの6号ソロで追い上げた。右臀部(でんぶ)の張りから24日に復帰して以降、10打席無安打だったが、待望の快音を響かせ、ナゴヤドームの虎党からも歓声が上がった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース