中日・福田 待望の今季初アーチ、92打席目で快音 3日遅れの32歳誕生日祝砲

[ 2020年7月26日 15:20 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2020年7月26日    ナゴヤD )

<中・神>4回1死、福田は右中間にソロ本塁打を放つ(投手・岩貞)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 やっと出た!中日・福田が今季初本塁打を放った。

 2―0の4回1死、フルカウントからの6球目、岩貞の143キロ直球を振り抜くと、打球は大きな弧を描き、右中間席へ吸い込まれた。

 29試合、92打席目での待望の初アーチに「良いバッティングができたので、次の打席でも良いバッティングができるように、梅津のことを少しでも楽に出来るように頑張ります」と笑顔。

 23日が32歳の誕生日だった背番号55にとって、3日遅れの祝砲となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース