広島・遠藤が2回5失点で降板 味方失策で先頭打者出塁、そこから3連打 最後に梶谷3ラン

[ 2020年7月26日 19:10 ]

セ・リーグ   広島―DeNA ( 2020年7月26日    横浜 )

<D・広>2回5失点で降板した遠藤(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 広島の3年目右腕・遠藤淳志投手(21)がDeNA戦(横浜)で今季5度目の先発登板。2回に3ランを含む4安打を浴びて5点を失うなど、2回4安打5失点で降板した。

 今季から先発に転向し、開幕ローテーション入りを果たした遠藤。中継ぎだった昨季は4試合にリリーフして0勝0敗だった横浜スタジアムで味方のエラーをきっかけに序盤に炎上した。

 0―0で迎えた2回、先頭の主砲・佐野を一ゴロに打ち取ったものの一塁を守る松山が後逸(記録は失策)して塁に出すと、続く宮崎に左翼線二塁打されていきなり無死一、三塁のピンチ。

 そして6番を打つソトの中前適時打で先制されると、続く戸柱に3連打目となる中前打を許してさらに無死一、二塁とピンチが続いた。大和、平良を打ち取って2死までこぎ着けたが、打順が1番に戻ると、梶谷に右中間スタンド上段に叩き込まれる3ランを浴びてこの回一挙5失点となった。遠藤はこの回を投げ切ったが、3回のマウンドには2年目右腕・島内が上がり、遠藤は降板となった。

 遠藤の投球内容は2回で打者11人に対して40球を投げ、4安打5失点。3三振を奪い、四死球はなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース