ダル今季初黒星 4回73球で降板 ロス監督「相手打者が良いアプローチしていた」

[ 2020年7月26日 14:36 ]

ブルワーズ戦に先発したダルビッシュ(AP)
Photo By AP

 カブスのダルビッシュ有投手(33)が25日(日本時間26日)、ブルワーズ戦に先発。2回2死一、二塁から1番・ソガードに高めのチェンジアップを中前適時打とされた。4回無死二、三塁のピンチでは、8番・ギャメルに右中間適時三塁打を許し、2点を加えられた。

 球数が73球となり、4回までで降板。「もっと投げたかったが、毎回球数が20球くらいいっていたので、監督や投手コーチが心配したのだと思う」と悔しがった。デビッド・ロス監督も「球数を多く投げねばならないイニングがあった。相手打者が良いアプローチをしていた」と交代について説明した。

 試合は3対8で敗れ、ダルビッシュは今季初黒星。だが「フォーシームは押し込めていたし、ツーシームも左打者に良かった」と手応えもつかんだ初登板だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース