レイズ・筒香、一発デビュー!古巣DeNA・ラミレス監督「ベリーグッド、ベリーハッピー」

[ 2020年7月26日 05:30 ]

ア・リーグ   レイズ4―6ブルージェイズ ( 2020年7月24日    セントピーターズバーグ )

<D・広7>広島に勝利し声援に応えるラミレス監督(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 レイズの筒香嘉智外野手(28)が24日(日本時間25日)、本拠地でのブルージェイズ戦に「3番・三塁」でメジャーデビューを果たし、5回に左中間へ1号2ランを放った。日本人大リーガーのデビュー戦アーチは史上5人目。

 筒香のメジャーデビュー戦本塁打の快挙に、古巣DeNAも祝福の声であふれた。ラミレス監督は「見ました。ベリーグッド、ベリーハッピー」と笑顔。「今後メジャーリーグでたくさん本塁打を打っていく、まずはその1号ということになる。おめでとうございます」と今後の量産に期待を寄せた。

 田代チーフ打撃コーチは横浜入団時に2軍監督を務め、昨季は9年ぶりにチームに復帰して指導にあたった。「死球だけしか見てないんだよ」と苦笑いしつつ、「早く1本出てほしいと思っていたから良かった。構えが変わって、体も締まっていて良さそうだね」と太鼓判。「ゴウの数字をしっかり残してほしい」と温かいまなざしを向けた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース