東邦、新型コロナで愛知代替大会出場辞退 野球部員以外の生徒感染

[ 2020年7月26日 15:25 ]

 昨春の選抜高校野球大会で優勝した愛知・東邦高が26日、愛知県刈谷市で予定されていた半田高との代替大会4回戦の出場を辞退した。野球部員以外の生徒に新型コロナウイルスの感染者が出たためで、不戦敗となった。東邦高は地元保健所からの要請で8月7日まで休校となり、野球部を含めた部活動も禁止された。

 辞退は26日朝に決まり、試合会場に向かっていた選手らは同校のグラウンドに集合。この夏から指揮を執っている山田祐輔監督(30)らから説明を受けたという。野球部の小嶋裕人部長(59)は「力もつけていた。有終の美を飾りたかった」と話した。

 東邦高は選抜大会で単独最多となる5度の制覇を誇る強豪で、プロ野球にも多くの選手を輩出している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月26日のニュース