広島 5点差追いつくも救援陣崩れる 先発のK・ジョンソンは今季最短の3回5失点KO

[ 2020年8月7日 05:30 ]

セ・リーグ   広島5-9ヤクルト ( 2020年8月6日    神宮 )

<ヤ・広(8)>2回に満塁のピンチを作ったK・ジョンソン(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 広島は、5点差を追いつく粘りも救援陣が終盤に崩れた。

 同点の7回に5番手で救援した薮田が先頭井野に右翼・鈴木誠の拙守もあり三塁打を許すと広岡に勝ち越しの右犠飛を浴びるなど3失点。8回のDJ・ジョンソンも失点した。

 佐々岡監督は「(2番手のケムナからの)3人は役割を果たしてくれたけど終盤にかけてのところがね。球が高く浮いていた」と指摘した。先発したK・ジョンソンが今季最短の3回5失点KOされ「キレがなかったね」と助っ人左腕にも頭を悩ませていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月7日のニュース