帝京 6年ぶり決勝進出 前田監督采配的中!「代打の代打」に菊池 同点スクイズ決める!

[ 2020年8月7日 05:30 ]

東東京大会準決勝   帝京6―3東亜学園 ( 2020年8月6日    大田 )

<東亜学園―帝京>8回、代打の代打で登場しスクイズを決めた帝京・菊池
Photo By スポニチ

 甲子園通算51勝の名将・前田三夫監督の「マジック」がさく裂し、6年ぶりの決勝進出。「1点取りにいく場面。“ここで決めろ”と送り出した」と振り返ったのは1点を追う8回1死満塁の場面だ。

 代打・小山勝己(3年)がカウント2ボールから3球目をファウル。すると打席途中ながら「代打の代打」に菊池祐汰(同)を送った。菊池は「初球」で見事に同点スクイズを決め、送球がもたつく間に勝ち越しの走者も生還。電光石火の攻撃で4点を勝ち越した。

 菊池は「しびれました。1球で決める自信はあった」と胸を張る。元々はレギュラーも昨秋は右肘を故障。再び定位置をつかむため「みんながマシンで打っている時もバントの練習をしていた」と生きる道を模索した。この試合もベンチスタートだったが、地道な練習が正念場のスクイズ成功につながった。

 決勝は宿敵・関東第一。昨秋都大会3回戦で9―7で勝って以来の対戦だ。「東西対抗に出られるよう決勝も頑張りたい」。71歳の眼光が、鋭く光った。(松井 いつき)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月7日のニュース