ソフトB・柳田が攻守で躍動 マルチ&好捕で連敗ストップ貢献

[ 2020年8月7日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3―1楽天 ( 2020年8月6日    楽天生命パーク )

<楽・ソ>3回2死一、二塁、柳田は右前適時打を放ちベンチに向かってポーズを決める(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 前日は涌井の前に無安打に封じられたソフトバンク・柳田が、2安打を放った。1点を追う3回には同点の右前打をマークし「チャンスで打てて良かった。(チームは)2日続けてやられていたのでとにかく勝ちたかった」と振り返った。9回には中堅守備で小深田のライナーを好捕するなど攻守で連敗ストップに貢献した。

 決勝打は「8番・一塁」でスタメン出場した明石。1―1の4回1死一、二塁から松井の直球を詰まりながらも中前に運び「当たりは良くありませんでしたが、いいところに飛んでくれました。チャンスで走者を還せて良かった」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月7日のニュース