西武・辻監督の勝負手実らず…痛い5位転落

[ 2020年8月7日 05:30 ]

パ・リーグ   西武3-5日本ハム ( 2020年8月6日    札幌D )

<日・西>3回1死一、二塁、捕ゴロに倒れた西武・森(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 西武は早いイニングでの辻監督の勝負手も実らなかった。2点を追う3回無死一、二塁で指揮官は2番・森に送りバントのサイン。「バントのうまい選手だから、と思ったけど…。うまくいかなかった」。打球は捕手の目の前に転がり二塁走者が三塁封殺。その後に2死満塁としたが得点を奪えなかった。

 昨季の首位打者である森はこの日も4打数無安打で打率.236。チームは再び借金2となり、5位に転落した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月7日のニュース