阪神 伊藤和 ストライク入らず3連続四球から長野に痛打浴びる 直近6試合で12四球

[ 2020年8月7日 20:52 ]

セ・リーグ   広島―阪神 ( 2020年8月7日    マツダスタジアム )

<広・神>4番手で登板するも6回に3点を失った伊藤和(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神のリリーフ陣が踏ん張れない。

 4点劣勢で迎えた6回に登板した伊藤和は制球が定まらず1死から3者連続四球で満塁。野間を空振り三振に斬ったものの、代打・長野に中前に運ばれ2点を失い、大盛にも中前適時打でこの回3失点。この日も含めて直近6試合で12四球を与えている右腕がこの日も課題を克服できず、広島に流れを明け渡した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月7日のニュース