履正社・岡田龍生監督の1点にこだわる采配「野球を学習して卒業してほしい」

[ 2020年8月7日 21:11 ]

大阪大会5回戦   履正社8―1関大第一 7回コールド ( 2020年8月7日    堺市・くら寿司スタジアム堺 )

<履正社・関大一>6回無死一、二塁、犠打を決める履正社・関本 (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 独自大会の特殊な夏とはいえ、大事なことは変わらない。履正社の岡田龍生監督が1点にこだわる采配を見せた。6回無死一、二塁。ドラフト候補で、この日3打数3安打2打点の5番・関本勇輔捕手(3年)に、あえて犠打を命じた。

 1試合4犠打のプロ野球タイ記録をマークした父・賢太郎氏譲りの鮮やかなバントで主砲が送ると、6番の両井大貴外野手(3年)はボールの見送り方を見て、カウント1―1から代打を送った。代わった新川朝耶が犠飛。8―1とし、7回コールド勝ちへの道筋が付いた。

 「7回で終わるのか、9回で終わるのかで、投手の疲労は全然違う。あそこは普通、絶対バントの場面ですよね。こういう夏ですけど、野球をしっかり学習して卒業してほしい気持ちがある。練習試合も少なく、気楽にやっているところもあるけど、野球はこうやぞ、というのを教えるところだと思った」

 次々と動いた6回の場面を、名将はそう振り返った。5回にはスクイズで追加点も挙げていた。14打席連続出塁の1番池田凛二塁手(3年)、ドラフト候補の3番小深田大地三塁手(3年)ら好打者が揃うが、大味な野球とは無縁。強いはずである。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月7日のニュース