大阪桐蔭・西谷監督 準決勝で履正社と対戦の可能性も「まずは次の試合をしっかりと」

[ 2020年8月7日 19:39 ]

令和2年大阪府高等学校野球大会 5回戦   大阪桐蔭9―4上宮太子 ( 2020年8月7日    シティ信金 )

<大阪桐蔭・上宮太子>7回2死二塁打を放ち3安打の活躍する大阪桐蔭・西野(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 先は見ず、一歩ずつ階段を上っていく。あと1勝すれば、準決勝で昨夏甲子園大会優勝の履正社と対戦する可能性が出てきたが、大阪桐蔭・西谷浩一監督(50)は「まずは次の試合をしっかりとやりたい」と表情を引き締めた。

 初回に3点を先行したが、4―0の4回に2点を失うなど、中盤に点差を広げることはできず。小刻みな加点で逃げ切るも「試合なので100点満点はないが、少しでもミスをへらしてやっていかないといけない」と厳しい表情だった。

 今秋ドラフト候補の西野力矢内野手(3年)は初回無死一、二塁から左前先制打を放つなど5打数3安打1打点と活躍。早いカウントから積極的に仕掛けるスタイルで結果を出し「しっかり振って行こうと思っていた。振って行く方が相手も怖いと思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月7日のニュース