智弁和歌山・小林をスカウト陣大絶賛 阪神・和田TA「いいもの見たわ」

[ 2020年8月7日 05:30 ]

和歌山大会決勝   智弁和歌山10-1初芝橋本 ( 2020年8月6日    紀三井寺 )

<和歌山大会 智弁和歌山・初芝橋本>智弁和歌山・小林樹の帽子のひさしには「克己心 攻」と記されている(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 各都道府県高野連が開催する代替大会は6日、13大会計60試合が行われた。和歌山の決勝は、今秋ドラフト候補右腕である智弁和歌山・小林樹斗投手(たつと、3年)が9回を3者連続三振締めでV。自己最速152キロをマークし、プロ7球団のスカウトから絶賛の嵐が起きた。

 阪神の和田豊テクニカルアドバイザーが思わずつぶやいた。「いいもの見たわ」。今秋のドラフト候補、智弁和歌山の小林樹斗投手の三振ショーを絶賛。「あれだけ腕を振ってもコントロールできている」。これが3回目の視察。制球、球威ともに毎回、期待を裏切らないようだ。

 4回目の視察となる中日の中田宗男アマスカウトアドバイザーは「変化球と直球の腕の振りが同じ。高卒でも早くから使えそうだ」と即戦力の評価をした。他にオリックス、巨人、日本ハム、広島、DeNAの計7球団が視察。スカウト陣は「上位」と口を揃えていることから、今秋のドラフトは1、2巡目で指名されそうだ。

 以下は主なスカウトのコメント。

 ▼オリックス・下山真二スカウト 相手が直球だと分かっていても、まっすぐで空振りが取れる。低めにも投げられる。ワクワクさせてくれる投手だ。
 ▼巨人・岸敬祐スカウト プロ入り1年目の後半か、2年目から戦力になりそうな印象がある。まっすぐで空振りが取れるのが魅力。
 ▼日本ハム・林孝哉スカウト 本塁ベース付近のボールが強い(球威がある)という特徴がある。この夏に向けて、状態がしっかり上がってきた。気持ちが入った投球で、中継ぎ、抑えタイプ。

 同じ智弁和歌山で、多くの球団にリストアップされる細川凌平遊撃手(3年)は、左翼フェンス直撃の2点二塁打を含む4打数2安打4打点でアピールした。オリックスの乾絵美スカウトは「素晴らしいものを持っている。どんな状況でも次の塁を狙ったり、前へ行く姿勢が素晴らしい」と評価した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月7日のニュース