健大高崎・下 7球団視察で7奪三振「直球も7、8割の気持ちで投げた」

[ 2020年8月7日 05:30 ]

群馬大会準々決勝   高崎健康福祉大高崎9―0常磐 ( 2020年8月6日 )

 最速143キロのプロ注目左腕、高崎健康福祉大高崎の下(しも)慎之介がロッテ、DeNAなど7球団が視察する中、常磐相手に先発して4回1安打無失点、7奪三振。最速140キロで3回までは打者9人の完全投球を披露するなどチームを勝利に導いて「球速は意識していません。直球も7、8割の気持ちで投げた」と振り返った。

 16日には甲子園交流試合対帯広農戦が控える。「(あす8日の)前橋育英に勝ち、県で優勝して甲子園も勝つ」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月7日のニュース