広島、若鯉大活躍で阪神を一蹴!羽月2安打3打点満点デビュー ベテランも負けじと松山3安打4打点

[ 2020年8月7日 21:38 ]

セ・リーグ   広島11―6阪神 ( 2020年8月7日    マツダ )

<広・神>5回2死一、二塁、羽月は右中間に2点適時三塁打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 15安打を放った5位・広島が11―6で阪神に打ち勝ち、連敗を阻止。借金を4に減らした。4位の阪神は今季20敗目を喫し、借金2。広島のドラフト1位ルーキー森下が本拠マツダでの初白星となるチームトップタイの今季3勝目(2敗)をマークしている。

 広島は今季40試合目にして初めてスタメンを外れた主砲・鈴木誠の代わりに4番へ入った松山が初回の先制打に続いて2回には2試合連発となる3号3ランを放つなど2回までに6―0と大量リードを奪って試合の主導権を握り、1軍初昇格した高卒2年目の羽月が2打席目でプロ初安打初打点を決めると4打席目には2点適時三塁打を打つなど大活躍。6回には代打・長野の2点適時打と、羽月の同期・大盛のプロ初打点となる適時打で3点を加えて逃げ切った。

 広島の先発・森下は序盤で6点の援護をもらいながら4点を失い2点差まで迫られたが、打線にも助けられ、6回6安打4失点(自責3)で3勝目(2敗)。8日の予告先発投手を務めるエース大瀬良に勝ち星で並んだ。

 阪神は今季5勝目を目指した先発投手の青柳が3回10安打6失点KOと大誤算。0―6から3回に近本の適時打で1点、5回には木浪、植田、代打・中谷、近本の4連打で3点を返して2点差まで詰め寄ったが、その裏に3番手・小川が2失点、6回には4番手・伊藤和が3連続四球から3点を失うなど投手陣が打ち込まれた。
 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月7日のニュース