ロッテ、7連勝中のオリに初黒星 左6人打線不発…左腕対策見直し

[ 2020年8月7日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1ー3オリックス ( 2020年8月6日    京セラD )

7回無死、井上は左越え二塁打を放つ(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 ロッテは開幕から引き分けを挟んで7連勝中だったオリックスに今季初黒星。勝率5割に逆戻りした。初回1死一、三塁で4番・安田が遊飛、5番・井上が三ゴロに倒れ、井口監督は「初回に1点でも取れたら、流れを持ってこられた」と悔やんだ。

 左腕・山崎福の緩急を駆使した投球に打線は6回まで無得点だった。リードオフマンの荻野が右太腿負傷で離脱中。左打者を6人並べた指揮官は「いろいろと考えないといけない」と左腕対策を見直すことも示唆した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月7日のニュース