広島・羽月の勢いが止まらない!いきなりスタメンのデビュー戦、初安打初打点の次は2点適時三塁打!

[ 2020年8月7日 20:22 ]

セ・リーグ   広島―阪神 ( 2020年8月7日    マツダ )

<広・神>5回2死一、二塁、羽月は右越えに2点適時三塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島の羽月隆太郎内野手(20)が7日、プロ2年目で初めて出場選手登録され、同日の阪神戦(マツダ)に「2番・二塁」で先発出場。第2打席で早くもプロ初安打と初打点をマークすると、第4打席では2点適時三塁打を放ち、デビュー戦の5回までに早くも2安打3打点と大活躍した。

 羽月は0―0で迎えた初回の無死一塁できっちり送りバントを決めて松山の先制打につなげると、2―0で迎えた2回には1死一、三塁から絶妙なセーフティースクイズ。見事に投前への内野安打としてプロ初安打&初打点を記録した。

 3回の第3打席は2死一、三塁で遊ゴロに終わったが、6―0から6―4と2点差に詰められて迎えた5回には2死一、二塁で阪神3番手右腕・小川が1ボール2ストライクから投じた4球目の内角チェンジアップを叩き、打球は前進守備だった右翼手・福留の頭上を越えた。二走・野間、一走・西川が相次いでホームイン。プロ1年目の昨季、2軍のウエスタン・リーグで23盗塁をマークした快足をデビュー戦で披露する本領発揮の2点適時三塁打となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月7日のニュース