108年ぶり2人目 “他競技五輪メダリスト”メジャーデビュー

[ 2020年8月7日 02:30 ]

第1試合の7回、三振に倒れるアルバレス(AP)
Photo By AP

 14年ソチ五輪のスピードスケート・ショートトラック銀メダリストで、マーリンズのエディ・アルバレス内野手(30)がメジャーデビューした。オリオールズとのダブルヘッダーに、いずれも8番で先発出場し計5打数無安打。14年からマイナーでプレーし、チーム内の新型コロナウイルス集団感染で選手が不足する中でチャンスをつかんだ。

 マイケル・ヒル編成本部長は「辛抱強くやってきた成果。素晴らしいこと」と称えた。他競技での五輪メダリストの大リーガーは1912年ストックホルム五輪の陸上十種、五種競技で金メダルを獲得したジム・ソープ以来2人目。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月7日のニュース