「当たってる!当たってる!」日本ハム 杉谷“お家芸”アピールから貴重な追加点

[ 2020年8月7日 20:22 ]

パ・リーグ   日本ハム―西武 ( 2020年8月7日    札幌D )

 7月31日のオリックス戦以来に先発出場した日本ハム・杉谷が、お家芸で押せ押せムードを演出した。

 4回に近藤の今季2号ソロで先制し、迎えた6回だった。先頭の9番・石井が右翼線二塁打で出塁し、続く西川が犠打で1死三塁の好機で打席を迎えた。チームは過去5試合で0勝4敗と苦戦している西武の右腕ニールの初球の内角カットボールが杉谷の体付近へ。投球は右肘を保護する防具をかする死球。杉谷が「当たってる!当たってる!」とアピールして一塁へ歩き、球場中が笑いに包まれた。

 杉谷が死球でつないで好機を拡大すると、続く近藤が右中間を破る2点適時二塁打。杉谷はヘッドスライディングで本塁生還し、適時打の近藤も「ピン(石井)、西川さん、拳士さんがつないでくれたチャンスをしっかりとものにすることができてよかったです」と感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月7日のニュース