星稜・奥川「ここからが本当の勝負」ヤクルトの印象は「すごく温かみのあるチーム」

[ 2019年10月17日 18:02 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

ヤクルト1位が決まりボールを手にポーズをとる星稜・奥川 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 3球団競合の末、ヤクルトに交渉権が確定した星稜・奥川恭伸投手(18)。交渉権確定後の記者会見で「ここからが本当の勝負」とプロへの決意を語った。

 ヤクルト、阪神、巨人の3球団から1位指名され「正直不安な部分があったなかで、こうして指名をいただいてほっとした」と表情を緩めた奥川。ヤクルトの印象については「チームとファンが一体感となった、すごく温かみのあるチーム」と話した。

 プロの世界へ向けて「ここからが本当の勝負だと思う。これから気持ちを引き締めて頑張りたい」と決意表明。「こうして縁があって東京ヤクルトスワローズさんに決まったわけなので、活躍できるように精進していきたい」と抱負を語った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース