カージナルス屈辱 通算4度目のスイープ敗退

[ 2019年10月17日 02:30 ]

ナ・リーグ優勝決定シリーズ第4戦   カージナルス4―7ナショナルズ ( 2019年10月15日    ワシントン )

<ナショナルズ・カージナルス>4回、ソロ本塁打を放つモリーナ(AP)
Photo By AP

 カージナルスは4連敗でシーズンを終えた。マイク・シルト監督は「結果を分けたのは投手だったが、シリーズが進むにつれて(相手の)打線も良くなった」と脱帽。

 4試合でチーム打率.130、48三振と打線に元気がなかったが、指揮官は「3人(シャーザー、ストラスバーグ、コービン)も三振を取れるエリート投手がいる」と相手を称えた。カ軍のポストシーズンでのスイープ敗退は通算4度目。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース