DeNA2位指名の立命大・坂本「ずっと背中を見てきた」先輩・東越えの誓い

[ 2019年10月17日 19:24 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

DeNAから2位指名され、野球部の仲間たちに騎馬で祝福される立命館大・坂本
Photo By スポニチ

 DeNAから2位指名された立命大の坂本は17日、同部OBで2017年ドラフト1位指名でDeNAに入団した先輩の東越えを誓った。「東さんとまたチームメートになれるとは思っていなかった。ずっと背中を見てきたので早く追いついて、追い越せるようになりたい」。

 2年時には寮で同部屋になり、チェンジアップの握り方を伝授されるなど、多大な影響を受けた。プロ志望届を提出した後に行われた6日の近大戦では、オリックスから3位指名を受けた村西と投げ合い、6安打完封勝利。試合後には東本人から「ドラフト当日は緊張すると思うけど、経験できないことだから楽しめよ」と連絡が来たといい、「こんないい評価をもらえるとは思わなかった。とりあえずホッとしています。1年目からチームの日本一に貢献できる投手になりたい」と笑顔で目標を語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース