「U18の4番」東邦・石川 中日が1位指名公表「楽しみですけど、ちょっとドキドキ」

[ 2019年10月17日 05:30 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

地元・中日と相思相愛の東邦・石川
Photo By スポニチ

 ドラフト1位でプロに行く――。東邦・石川が願いをかなえる。同校グラウンドで取材に応じ、「楽しみですけど、ちょっとドキドキもあります。順位や、どこの球団になるかは気になりますね」と胸の内を明かした。

 今春のセンバツV腕にして、高校通算55本塁打を誇る。高校日本代表として出場したU18W杯では、全8試合で4番を務め、打率・333、1本塁打。プロでは野手で勝負する。春の時点では「何位でもプロに行ければ…」と考えていたが、国際大会で結果を残し、「上位で」という思いも強くなった。

 体形もプロ仕様にシフトした。現在は体重92キロ。今夏の愛知大会から8キロ増で、トレーニングジムに週3回通ってきた成果が表れている。木製バットへの対応も証明済み。地元・中日が1位指名を公表。当日はドラフト1位で名前が呼ばれる。 (石丸 泰士)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース