オリ3位指名の近大・村西、淡路島出身の先輩・近本に続く!「1年目から頑張りたい」

[ 2019年10月17日 18:50 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

オリックスから3位指名され、笑顔で会見に臨んだ村西良太
Photo By スポニチ

 オリックスから3位指名された近大の村西良太選手が17日、同郷の先輩に続く決意を示した。昨年のドラフトで1位指名され大活躍した阪神・近本と同じ淡路島出身。好きな選手を問われると「近本選手」と即答したMAX152キロ右腕は「(近本に)続けてプロに行けるのは淡路島の人間として誇りに思う。大学生ではオリックスで一番最初に呼ばれたので1年目から頑張りたい」と即戦力としての自覚をにじませた。

 同席した田中秀昌監督は「先発かセットアッパーかは球団が考えることだが、ポテンシャルは高い。伸びしろもある」と評価。その上で、「人間的には優しい選手なので、闘争心、向き合っていく心を養いながら壁を乗り越える心身のスタミナをつけてほしい」と願いを込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース