楽天 2人に絞り最終的に佐々木か 石井GM「軸になる選手、スター選手」

[ 2019年10月17日 05:30 ]

大船渡の佐々木朗希投手
Photo By スポニチ

 プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)はきょう17日午後5時から、都内ホテルで開かれる。最大の注目は最速163キロ右腕、大船渡・佐々木朗希投手(17)。公表済みの日本ハム、ロッテに続き、この日は西武も1位指名することを明かし、さらに楽天も1位指名が濃厚となった。ソフトバンク、オリックスを含めパ・リーグ6球団による争奪戦が予想される。

 楽天は前日の会議に石井一久GM、立花陽三球団社長、全スカウトらが出席した。1位指名は大船渡・佐々木と東邦・石川の2人に絞り込んでいたが、最終的には地元・東北の星である佐々木に決めたもよう。石井GMは具体名こそ明かさなかったが「軸になる選手をつくりたいし、スター選手も育てたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース