阪神、高校生5人連続指名!甲子園のスター集結に虎ファン「ロマンありすぎ!」「未来輝く」

[ 2019年10月17日 19:04 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

阪神の1位指名が決まり笑顔を見せる創志学園・西純矢(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議は17日に東京都内で開催され、阪神は外れ1巡目で創志学園の西純矢投手(18)を皮切りに高校生を5人連続で指名する将来性を見据えた戦略を取った。

 2位には高校球界屈指のパワーを誇る履正社・井上広大(18)、3位には潜在能力の高い左腕である横浜・及川雅貴投手(18)、4位には東海大相模・遠藤成内野手(18)、5位は中京学院大中京・藤田健斗捕手(18)を指名。5人揃って、甲子園出場経験があり、ネット上ではファンから「ロマンありすぎ!」「最高すぎる」「阪神の未来が輝いている…」など歓喜の声が上がっている。

 なお6位では東海大九州キャンパス・小川一平投手(22)を指名した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース