オリックス、U18日本代表左腕の興南・宮城大弥投手を外れ外れ1位指名

[ 2019年10月17日 18:15 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

興南・宮城大弥投手
Photo By スポニチ

 プロ野球のドラフト会議は17日に東京都内で開催され、オリックスが外れ外れ1位で興南の宮城大弥投手(18)を指名。交渉権を獲得した。

 周囲からは横浜・及川をしのぐ「世代No・1左腕」の声も聞かれる。最速149キロを誇る興南・宮城はU18W杯での激闘を終え、さらなる高みに進むべく、己を鍛えながら指名を待っていた。

 1年春から強豪校でベンチ入りし同年夏から主戦として活躍。1、2年時には夏の甲子園大会出場を果たし、早くから存在感を示してきた。今夏は沖縄大会決勝で敗れ3年連続出場を逃したが全6試合に登板し計46イニングを投げ61奪三振を記録。U18W杯でも救援した米国戦で9回の1イニングを3者三振に仕留めるなど3試合に登板し防御率1.04と安定した投球を披露した。

 野手としても非凡なものを持っており、W杯の韓国戦では右前打を処理し本塁への好返球で二塁走者の生還を阻止。通算8打数3安打で打率.375と結果を残したように野球センスの良さは誰もが認めるところだ。それでも、プロのスカウト陣は「コントロールがいいし、変化球もキレがある。高校生の中では高いレベル」と話すように「投手宮城」を高く評価。

 沖縄の高校生が1位指名を受けたのは06年高校生ドラフトにおける八重山商工の大嶺祐太(ロッテ)以来。

 ▼宮城 大弥(みやぎ・ひろや)2001年(平13)8月25日生まれ、沖縄県宜野湾市出身の18歳。1メートル73、70キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース