DeNA3位の明大・伊勢 同郷のヤクルト・村上に挑戦状「今では雲の上の遠すぎる存在」

[ 2019年10月17日 19:56 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

笑顔の広島1位・森下暢仁(左)とDeNA3位・伊勢大夢(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 DeNAに3位指名された明大・伊勢大夢投手は、指名された瞬間にチームメートが雄叫びを上げて喜ぶ姿を見て「(広島からドラフト1位指名された)森下のときより喜ぶ声が大きかったのは、相当みんな不安だったんだと思う。これからはファンの方に不安にさせることのないように頑張りたい」と話して周囲を笑わせた。

 対戦したい打者には、同じ熊本県出身のヤクルト・村上を指名。「先にプロの世界に入って活躍して、今では雲の上の遠すぎる存在。でも対戦したときには負けない気持ちでやりたい」と闘志を燃やしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース