九州学院・川野 西武4位指名にホッ 目指すは松井稼「球界を背負う選手に」

[ 2019年10月17日 21:04 ]

プロ野球ドラフト会議 ( 2019年10月17日 )

西武から4位指名を受け、チームメートから胴上げされる九州学院・川野涼多内野手
Photo By スポニチ

 九州学院の川野はグラウンドで練習中に、周囲から西武に4位指名されたことを知らされた。決勝で敗退した夏の熊本大会は、思うような打撃ができなかった。周囲の高い評価と、自分の打撃にギャップがあるように感じていたという。それだけに「選ばれるか不安だった。きょうの午後から緊張して、刻々と時間が過ぎていった。思っていた以上の順位でした。驚きました」と、ほっとした表情を浮かべた。

 走攻守のバランスがとれた遊撃手として、早くから熊本では注目されていた。元々は右打ち。高1年秋から、坂井宏安監督が野球センスに着目し両打ちに変えた。今では、指揮官が「左の方がいいのでは。コンパクトに振れている」と、スイッチがさまになっている。

 憧れはOBのヤクルト・村上だが、野球スタイルは違う。目指す選手は同じ両打ちの松井稼頭央だ。入学してまもなく、松井稼の全盛時代の動画を監督から渡された。今でも、悩んだときに見ている。

 守備範囲と送球には自信を持つ。一方で打撃は「まだまだ」と認めながらも「大きな目標はトリプルスリー。体をもう一度大きくして、球界を背負えるような選手に」と意気込む。

 坂井監督は「よかったね、とは言わない。これからだから。まだまだ伸びしろがある」と期待しつつも叱咤(しった)する。川野はダッシュを繰り返して、プロへ向けて下半身を強化中。「ここがスタート。ここから」と気持ちを新たにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース