駒大が劇的サヨナラ! 8回まで無安打無得点も…9回4安打集中、最後は代打・東がV打

[ 2019年10月17日 05:30 ]

東都大学野球 第6週第1日   駒大3―2亜大 ( 2019年10月16日    神宮 )

<亜大・駒大>9回無死満塁、駒大・東が中前サヨナラ打を放つ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 駒大は8回まで1四球のみで無安打無得点に抑えられていた苦境から、一気に逆転サヨナラ勝ちした。

 9回先頭が敵失で出塁し、代打の1年・保谷が初打席で中堅にチーム初安打。この回4安打に死球も絡んで2点ビハインドをはね返した。

 保谷は「監督から流れを変えてこいと言われ、打つ自信はありました」と満足顔。代打でサヨナラ打を放った東は「野球は大学まで。チャンスをもらって感謝と恩返しです」と目に涙を浮かべ喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月17日のニュース